運転免許更新70歳以上の受講待ち深刻化、失効どう防ぐ?

7pt   2017-10-11 23:00
【2ch】バイク速報

a02337f9-s.jpg 70歳以上のドライバーが運転免許証を更新する際に必要な「高齢者講習」の受講待ちが、兵庫県を含む全国の自動車教習所で深刻化している。高齢ドライバーの増加で、県内の待ち期間は最大で3カ月を超えるという。3月に施行された改正道交法では、75歳以上は受講前に認知機能検査も受ける必要があり、高齢者からは「希望日に予約が取れず、待っている間に更新期限が切れてしまいそう」と不安の声も上がっている。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=6698503&name
   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。