【トライアンフ】国内販売において年間登録台数が2年連続最高を更新!

9pt   2018-01-12 14:15
最新バイクニュース | バイクブロス

リリース = トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社

20180112_news_tr01-680x510.jpg

新型ストリート・トリプルシリーズ

トライアンフ モーターサイクルズジャパンは、年間登録台数が2年連続で過去最高を更新したこと、そして2017年の販売実績が1,876台だったことを発表した。同社はブランド認知の向上、新製品攻勢、販売店網の刷新という3軸を戦略方針として掲げて取り組んでおり、その成果が実を結んだ結果と言え、2018年のさらなる快進撃に期待がかかる。

トライアンフ・ジャパン2017年に2年連続で
過去最高の年間登録台数を達成

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社は、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017年の実績が初めて1,800台を超える 1,876台となったことをご報告致します。又、12月の登録台数も 昨年対比で 167%もの大幅な伸びを記録し 初めて200台を超え過去最高となる211台を達成致しました。(日本自動車輸入組合調べ)

トライアンフ・ジャパンは、近年ブランドスローガン「プレミアム・モーターサイクル・ライフスタイル・ブランド」実現に向け、3つの戦略方針「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の刷新」を軸に改革に取り組んで参りました。

20170605_news_tm01-680x391.jpg

2017年での成功の要因となった代表的な成果としては、「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」に関しては 3月に発売された「新型ストリート・トリプル」が挙げられ、同モデルに搭載されるエンジンをベースとして2019年よりトライアンフが「FIM Moto2チャンピオンシップ」エンジンを供給することもあり、発売以来 高い注目と評価を得ており、販売台数の向上に貢献すると共に、最もスポーティーな最上級仕様のRSが大半を占めるなどスポーティーイメージや収益性の強化にも貢献しております。

又、ブリティッシュ・クラッシック・カスタムの象徴として発売された「ボンネビル・ボバー」も、そのスタイリッシュなデザインと妥協を許さないプレミアムな品質・高い走行性能で市場から爆発的な人気を得ており、 審査員の推薦を頂きエントリーした「GOOD DESIGN AWARD 2017」を見事に受賞する等、ブランド・イメージの向上に大きく貢献すると共に、販売面でも当初想定の約3倍の売れ行きを見せる等 牽引役となっています。

20171002_news_to01-680x602.jpg

2017年10月28日にリニューアルオープンしたトライアンフ広島

「販売店網の刷新」については、年初より「トライアンフ仙台」「トライアンフ横浜港北」「トライアンフ東京」「トライアンフ水戸」「トライアンフ広島」の5店舗が新規オープンし、販売だけでなく各地域でのブランド認知度のアップに大いに貢献しております。2017年は、これまで継続して来た「3つの戦略方針」それぞれの歯車が本格的に噛み合い、相乗効果によって、販売面では過去最高の登録台数を達成することが出来たと共に、更に将来に向けた成長基盤も整った年であったと考えております。尚、2018年においても、継続して「3つの戦略方針」を強化することとし、それぞれの分野で成長に合わせレベルアップした施策を展開して参ります。

「ブランド認知の向上」では、トライアンフ・ジャパン主催イベントに加え、新しくプレミアムに生まれ変わった各店頭でのイベントや試乗会等を強化することで、一層地域でのブランド認知を強化して参ります。「新製品攻勢」については、本年も年初頭より多数の新型を投入する予定であり、先ずアドベンチャーモデルである「タイガー」を全面刷新し、排気量800ccと1,200ccの2モデルを同時に発表することで「トライアンフのアドベンチャーブランド」を「販売の柱」に成長させるべく、最重要課題のひとつと位置付け注力して参ります。

20171004_news_bn03-680x453.jpg

ボンネビル・ボバー・ブラック

加えて、強みであるクラッシック・モデルについても更に強化して行く計画であり、大好評の「ボンネビル・ボバー」に、更にカスタムの魅力を強化した「ボンネビル・ボバー・ブラック」を発売する他、「2シーター版」とも言える「ボンネビル・スピードマスター」を発売することによって、「ボバー・ファミリー」として販売の核に育てます。「販売店網の刷新」では、主要都市に大規模な旗艦店の開設を予定しており、更に主要 既存店の改装に目途を付けることで、ブランド全体のイメージ向上や新規顧客の獲得を一層加速し、将来の成長に向けた大きな足掛かりを築く計画です。又、各店舗の収益確保を重要課題のひとつと定義し、収益を高める為にサービス体制や中古車販売の確立を進めるほか、販売プロセスの徹底を更にレベルアップし、その為の基幹システムとなる新CRMシステムも本年中旬に導入する予定であります。

代表取締役社長 野田一夫として2017年を総括しますと「販売台数が1,900台に迫るレベルとなりいまや、大型バイク実績では輸入車ブランド中トップ3に肩を並べることができたと実感する。まだまだ やるべき事は多いが『顧客中心』を念頭に努力して来たことが実を結び始め、少しずつではあるが着実に市場での認知が高まって来た。今後もブランドスローガン『プレミアム・モーターサイクル・ライフスタイル・ブランド』として、バイクを通じた心躍る生活の提供を目指して行きたい」と考えております。
引き続き 皆様の御支援宜しくお願い致します。


[ お問い合わせ ]
トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。