高速SA/PAは「集約型」へ?上下線で施設共有、そのメリット・デメリットは?

7pt   2018-02-14 19:00
【2ch】バイク速報

高速道路のSA/PAは上下線で別々に設置されることが一般的ですが、近年、上下線の設備をひとつに集約したタイプが増えています。施設運営を効率化できるといいますが、一方でデメリットもあるようです

■3月開通「新名神」にも新たに誕生

 2018年3月18日(日)に、新名神高速の川西IC~神戸JCT間が開通し、名神高速と中国道、山陽道を山間部経由で結ぶ新ルートが完成します。新規開通区間には、西日本最大の駐車台数という宝塚北SA(兵庫県宝塚市)も開設されます。

3月18日にオープンする新名神高速 宝塚北SAのイメージ。上下線集約型のSAとなっている(画像:NEXCO西日本)
c?ro=1&act=rss&output=no&id=6698503&name
   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。