【ライターコラム】40代リターンライダー「NSR250R」を買う/その9「俺の89が一番」説

5pt   2018-07-11 09:30
最新バイクニュース | バイクブロス

2018070011_as001-220x165.jpg

NSR250Rには5世代あり、私の1989年型のNSR250R(89MC18)は、その他の4代のNSRと比較して地味である、という話を以前にしました。
確かに、国産レプリカバイク史上最高のカラーリングといわれるロスマンズカラーは、88MC18前期とMC21とMC28にはありますが、89MC18後期にはありません。

2018070011_as001.jpg

88MC18前期のロスマンズカラーは純粋に格好いい。(写真提供:バイクの系譜)

2018070011_as002.jpg

MC28のロスマンズカラーは紺色が少し薄めです。(写真提供:バイクの系譜)

2018070011_as003.jpg

89MC18後期には最上級モデルのSPでもロスマンズカラーは奢られませんでした。(写真提供:バイクの系譜)

しかし、89NSRは、88のわずか1年後に出ているのです。マイナーチェンジは普通、販売のテコ入れのために行います。しかし当時、88NSRの販売は絶好調でした。
すなわち89NSRは「勝ち続けるためにやらなければならない」ことがあったので、採算度外視で生まれたわけです。だから89NSRは、ある意味で最良のNSRなのではないかと思うわけです。それでは89NSRのハイライトを紹介しましょう。

2018070011_as005.jpg

89NSRのメーター回りです。これでノーマルです。

NSRのメーター回りはご覧のとおりスカスカです。「メーター? どうせすぐに取り外してしまうんでしょ」とでもいいたげなつくりです。社外品を取りつけたようにも見えますが、純正かつノーマルの姿です。

2018070011_as006.jpg

2018070011_as007.jpg

89NSRのチャンバーとサイレンサーの位置は独特。

そして他のNSRにはない、89NSRだけの特徴がこれです。チャンバーを無理やり細いパイプで持ち上げて、リアシートの「跳ね上がり」と平行になるようにサイレンサーを置いているのです。その結果どうなったかというと、この美しいリア回りをつくり出したのです。

2018070011_as009.jpg

89NSRのリア回りはとても美しい。

どうですかこの格好よさといったら。リアランプの2つの丸とサイレンサーの2つの丸で、計4個の丸をつくっています。V4レーサーNSR500を彷彿とさせます。

2000年代に入って、SSでセンターアップマフラーが大流行しますが、89NSRのこのヒップは、そのはしりといえなくもないでしょう。
バイクのマフラーは、「上」そして「中央」に近いほど格好よくなるという方程式があり、89NSRは見事に当てはまるのです。

2018070011_as010.jpg

2004年型CBR1000RRのセンターアップマフラー。うん、格好いいです。(写真提供:バイクの系譜)

そしてこれは89に限ったことではないのですが、NSRはアルミとステンレスを贅沢に使っています。

2018070011_as011.jpg

2018070011_as012.jpg

NSRにはアルミ部品とステンレス部品がたっぷり使われています。

私は洗車が好きなのですが、この部分を洗うときは本当に楽しいです。「コストダウンなんて一切考えていないつくり」であることはひと目でわかります。
さらにNSRはプラスチック部分のつくりも巧みです。

2018070011_as013.jpg

2018070011_as014.jpg

シートカウルのエアダクト。

上の写真はリアシートのエアダクト部分です。わざわざ2つ穴をあけているところに、妥協のなさを感じます。
次に見ていただきたいのは、フロントブレーキのブレーキフルード容器です。

2018070011_as016.jpg

フロントブレーキのブレーキフルード容器。これでノーマル。

これでノーマルなのだから驚きます。
そして最後に紹介したいのは、シートです。

2018070011_as017.jpg

2018070011_as018.jpg

NSRのシートは意外にしっかりしています。

NSRのシートは一見するとレーサーのように「スポンジのようなもの」を貼り付けているだけにみえますが、実は肉厚のしっかりしたつくりになっています。
89NSRはNSRのなかでは最も不人気ですが、それでも所有欲を満たす要素がこれほどあるのです。

ホンダNSR250Rの当時のカタログを見る

   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。