意外と知らない?交通安全協会はどんな活動をしている?

3pt   2019-12-03 08:00
バイク速報

290aa44f-s.jpg 免許更新時に、免許センターの窓口で「交通安全協会」への加入を勧められることがあります。加入は任意なので、加入するかしないかは個人の判断に任せられていますが、地域によっては事前の告知もなく、半分義務のような形で加入させられるケースもあるようです。交通安全協会とはどのようなものなのでしょうか。

交通安全協会は、都道府県ごとに設置される「交通安全協会」と、それを取りまとめる全国組織の「全日本交通安全協会」から構成される非営利団体です。

主に交通安全の啓蒙・広報活動や、交通安全講習会の開催、交通安全に関するポスターやキャンペーンの「のぼり」などを作成しており、免許更新時におこなわれる更新時講習や違反者が受ける講習に使用される「安全運転のしおり」や「交通教本」などのテキスト製作も手がけています。

また一般的な免許保有者には馴染みが薄いのですが、交通事故の相談や、道路使用に関する「道路適正化業務担当責任者研修会」や、二輪車の安全教育指導者を育成する「二輪特別指導員養成講習会」といった、クルマやバイク関連業務の責任者や指導員の育成もおこなっています。

最近では、急増している自転車による交通事故を踏まえて、新たに「自転車会員」の加入を呼びかけたり、損害保険会社と提携して「自転車の任意保険」への加入を推奨する活動もしているといいます。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6698503&name
   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。