“ホンダの倒れないバイク”、あまりの大反響に中の人が「びっくり」

6pt   2017-01-11 08:00
【2ch】バイク速報

dfcc7b2d-s.png


本田技研工業(ホンダ)は1月5日(現地時間)、米ラスベガスで開催中の「CES 2017」(1月5~8日)で、ライダーが乗っていなくても自立できるバイク「Honda Riding Assist」を公開した。現地にいた担当者は、意外にも「この技術はバイクが自立することが主の目的ではない」と話す。

Honda Riding Assistは、ライダーがバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、
取り回しの際の転倒を防ぐ技術。二足歩行型ロボット「ASIMO」などの研究で培ったバランス制御技術を二輪車に応用した。同技術が披露されたホンダブースには、後ろから展示が見えないほど多くの来場者が詰めかけた。オートモーティブショー化が進むCESで大成功を収めたといってもいいだろう。
本田技術研究所でHonda Riding Assist開発に携わった中田博之さんと太田あつおさんは次のように話す。

 「そこそこ反響はあると思っていたが、ここまでとは思わなかった。こちらがびっくりしている」(中田さん)
 「CGや展示だけではなく、実際に人が乗ってデモを行ったのが良かったのかもしれない。実物を持ってこれたのが一番良かった」(太田さん)

 ホンダブースでは1日に2回、Honda Riding Assistのデモを実施。開始時間の少し前から人だかりができるため、
早めに前列を確保しないとバイクが見えないほどだ

開発のきっかけは「バイクを楽しんでもらうこと
(続きはサイトで)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/10/news036.html

関連記事 : ホンダが倒れない自立するバイク「Honda Riding Assist」を世界初公開、無人でも自動的に人の後を追うことも



c?ro=1&act=rss&output=no&id=6698503&name
   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。