2017年夏ごろ 新型スカイライン マイナーチェンジ!プロパイロットを新たに採用

15pt   2017-03-19 22:28
車&バイクチャンネル

INFINITI_Q50_MY18_01.jpg?resize=680%2C38

 

日本でも販売されているスカイラインが、2017年3月7日から開催されたジュネーブモーターショーにて2017年版 新型スカイラインの発表がありました!

今回のマイナーチェンジではエクステリア・インテリアの大幅変更はなく小規模な改良になります。

今回の新型スカイラインの目玉は「プロパイロット」の採用♪

詳しい変更内容を見ていきたいと思います!

2017年 新型スカイライン マイナーチェンジで何が変わる?

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%

skyline5.jpg?resize=397%2C303&ssl=1

 

下が新型になっており、バンパーデザインが若干違うのが確認できますね。

フォグランプも同様に変更されている。

 

v37-131111-09-1-e1384529759906.jpg?resizskyline6.jpg?resize=387%2C320&ssl=1

 

リアバンパーもデザインが変更されており、よりワイド感を強調していますね。

ディフェーザーがスポーティ感を演出してくれます。

またテール内部も変わっており、フーガに近いものになっていて光り方も変更されています!

 

INFINITI_Q50_MY18_12.jpg?resize=680%2C45

 

恐らく海外仕様のみになるでしょうが、ブレーキキャリパーが赤く塗装されています。

インテリアは変更されてる?

INFINITI_Q50_MY18_17.jpg?resize=680%2C45INFINITI_Q50_MY18_20.jpg?resize=680%2C45

 

インテリアは殆ど変更点はないように思えます。

今回発表されたモデルはステッチがレッドになっていて、助手席ダッシュボートまでステッチラインが追加されています。

 

細かい変更点が判明したらお伝えしますね♪

マイナーチェンジでエンジンは変更される?

日本仕様は、2.0Lターボエンジンと3.5L V6+ハイブリッドに変更はなく、燃費やスペックも変わりありません。

  • 2.0L 4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:211ps/5500rpm
  • 最大トルク35.7kgm/1250-3500rpm
  • トランスミッション:7速AT
  • JC08モード燃費:13.0km/L

こちらのエンジンはメルセデスベンツCクラスなどに採用されているダウンサイジングターボになります。

通常使いであれば不満のないスペックになってます!

  • 3.5L V型6気筒エンジン+ハイブリッド
  • 最高出力306ps/6800rpm
  • 最大トルク35.7kgm/5000rpm
  • モーター最高出力68ps
  • モーター最大トルク29.6kgm
  • トランスミッション:7速AT
  • JC08モード燃費:17.8 km/L

量産ハイブリッドとして、世界最速0~100キロの加速4.9秒とスポーツカー並みの動力性能を誇ります。

また海外仕様で羨ましいのが、新型スカイラインクーペに搭載される予定のV6ツインターボエンジングレードの設定です。

ハイパワーモデル

  • 最高出力405ps/6400rpm
  • 最大トルク40.8kg-m/

ローパワーモデル

  • 最高出力 304ps/6400rpm
  • 最大トルク48.4kg-m/

日本では残念ながら販売の可能性は低そうです・・・

2017年 新型スカイラインでプロパイロット設定!

65_dl0000618142.jpg?resize=546%2C394&ssl

セレナから設定された「プロパイロット」は高速道路などで長時間の巡航走行・渋滞時のノロノロ運転をアシストしてくれる機能です。

アクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストしてくれて、車線内走行を楽にしてくれるので安全運転にもつながります。

元々安全装備が充実しているスカイラインなのですが、更に快適に進化して新発売!

  • PFCW(前方衝突予測警報)
  • エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントペダル
  • インテリジェントクルーズコントロール
  • ハイビームアシスト
  • BSI(後側方衝突防止支援システム)
  • LDP(車線逸脱防止支援システム)
  • BCI(後退時衝突防止支援システム

オプションなども含まれますが、現在でも上記の安全装備が充実しており、よりユーザーにわかりやすくする狙いもありそうですね。

価格はどうなる?

若干の値上がりが予定されていて、約5万円~10万円のアップになる見込みです。

  • 200GT:418万円~423万円スタート
  • 350GT HYBRID:518万円~523万円スタート

この様な価格になるのではないでしょうか?

価格も判明したらすぐにお伝えします!

情報まとめ

「2017年夏ごろ 新型スカイライン マイナーチェンジ!プロパイロットを新たに採用」はいかがでしたか?

今回の変更点はプロパイロット搭載が目玉になっており、それに魅力を感じない人は現行型を購入するのがいいでしょう。

新型が販売される前であれば大幅値引きが期待できます♪

 

日産も、トヨタ「セーフティセンス」・ホンダ「ホンダセンシング」のように採用車種を増やしていく方針のようですね。

ユーザーもわかりやすいし、販売店も説明しやすくなると思います。

セレナで少し不満のあるプロパイロットを、どのように改良してくるかそちらにも期待します!

また細かい内容がわかりましたら追記しますのでお待ちください♪

 

   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。