「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」という事実

24pt   2017-04-20 21:22
サイ速

1: きつねうどん ★ 2017/04/18(火) 10:02:15.30 ID:CAP_USER.net 1d9d5144-s.jpg

「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」と聞いたら、驚く方も多いことだろう。クラシックカーは特殊な趣味の世界であると認識されがちだが、それはポルシェにはあてはまらない。新車で購入されたポルシェは、その多くが30年、40年、50年と現役であり続けている。

なぜポルシェは、それほどまでに長く愛されるのか? それには理由がある。今回は、世界中でポルシェオーナーを支えている、とあるサービスをご紹介しよう。

5万2000もの純正スペアパーツを供給

そのサービスが、ビンテージ・ポルシェを専門に扱う「ポルシェ クラシック」だ。これまでは世界各国の輸入元・販売店レベルで実施されていたクラシック・ポルシェオーナーのサポート活動を、このたび本社が統括。2015年に世界初の「ポルシェ クラシック センター」がオランダのアルンヘム近郊にオープン、あらゆる年代のクラシック・ポルシェのメンテナンスサービスを開始したのだ。

その後、世界各国に認定施設として「ポルシェ クラシック パートナー」が開設され、2015年末には24カ所に。ポルシェ本社は2018年までに100拠点にまで増やすとしており、社をあげてクラシック・ポルシェを本気で支える意向を明確にしている。このポルシェ クラシック パートナーでは、なんと5万2000もの純正スペアパーツの供給を受けることができるという。

続きはソースで
http://getnavi.jp/vehicles/129413/
引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1492477335/ c?ro=1&act=rss&output=no&id=5966062&name
   バイクあんてなトップページへ
の話題が沢山。